マイクロスコープのある歯医者さんとは?

マイクロスコープ(顕微鏡)は外科のお医者さんの分野では以前から使われていました。代表的なものに、「微小血管吻合」(びしょうけっかんふんごう)というものがあり、マイクロスコープで拡大した状態で血管どうしを繋ぎ合わせるというものです。

歯医者さんでマイクロスコープ(顕微鏡)を使用する場面は、主に「根管治療」の時でです。



「根管治療」を具体的に説明すると、歯の中の神経が入っている管状の部屋を掃除しつつ、同時に管の直径を拡大していくのです。
そして、根管内の消毒をして無菌化してから、神経の代わりになる薬を入れて、この部屋を緊密に閉鎖する治療です。
よく、巷では、「根っこの治療」などと表現されます。

あなたのご要望に応えるマイナビニュースについて詳しく知りたいならこのサイトです。

この「根管治療」を行うにあたって、従来はマイクロスコープなどは使用せず、歯医者さん自身の肉眼で歯を直視しながら行ってきました。



しかし、小さい歯の中のさらに小さい神経の入っている部屋(根管)はさらに小さく、その入り口の直径は2ミリに満たない状態です。
ましてや、その管の中の状態など肉眼では窺い知ることはできません。

根管の中を清掃、拡大する際に専用の道具を用いて行いますが、微妙な凹凸が管の表面にあったりしますし、根管自体に湾曲がついていることが殆どです。このように「見えずらい」、「作業しずらい」という悪条件の中、歯医者さんは「長年の経験に培われたカン」でカバーして治療にあたってきました。

歯科用のマイクロスコープの登場により、歯を拡大することにより、根管の中を良く見える状態で作業が可能となりました。

これにより、従来よりも、より精度の高い治療ができますし、そのことが、病気の再発に繋がっています。


他にも、被せ物をする前に、土台となる歯を削る時にも術野(治療する部分)を拡大することがあります。


何れにせよ「術野の拡大」という行為は、歯医者さんが治療に対して「良い仕事をしたい」という気持ちを表しているものです。