歯医者が行うマイクロスコープによる治療の特徴

歯医者が行う治療には、マイクロスコープが用いられる場合があります。

マイクロスコープとは歯科顕微鏡のことを指し、使用をすることで最大20倍程度まで患部を拡大しならがの治療が可能となります。
マイクロスコープは、肌のチェックや頭皮のチェック等でも使用されていますが、歯医者が使用する機器は、拡大をする機能としては同じ内容となるものの歯科治療専用に開発されており、非常に高額な医療機器となります。


そのために、実際の現場で導入されている数は少なく、全国にある歯科医院の5%程度、約20件に1台の割合となっています。



最大のメリットとしては、精密な診断が可能となる点があり、その結果、治療全ての精度を高めることが可能となります。



高い効果が得られる治療としては、具体的な内容としては、詰め物や被せ物の形成、神経治療、虫歯治療等があり、成功率を高めると共に、早期治療や再発防止にもつなげることができるようになります。

また、患部の細かなところまで見ることができるために、削る部分を少なくすることができます。


マイクロスコープによる治療は、他にも繊細な仕上が可能となることや、治療の全てを映像記録できるなどのメリットがありますが、反面、難点もあります。
まず、医院側から見た場合には高額な設備費用がかかると共に、使いこなすには、歯医者として新たな技術の習得が必要となる点があります。

Girls Channel情報があれば全てが解決します。

患者側からとしては、精密な治療内容となるために時間がかかることがあり、また、保険適用外となるために、治療費は実費で支払わなくてはならない点があります。